ハワイのコイン

ご存知のように、アメリカでは1999年から毎年5州ずつの各州オリジナルデザイン25セント硬貨クォーターが発行されています。2008年のハワイで最後でした。
画像

ハワイへ行くたびに、お釣りの中から探しては集めていましたがなかなか揃うものではないですね。
ところが知り合いの方からコレクション用のBOOKをいただいてからは、きちんと整理するようになり、コレクションにも熱が。
画像

その頃から、ハワイに行くと1・2回は$10を持って銀行へ出向き、
”Could you change this to all quarters?”と行員さんに声をかけて、クォーター40枚が紙で巻いて棒状にんっているのに両替してもらうように。
まるで当たりをさがす子どもの気分で、紙をペリペリ破って、1枚ずつStatehoodQuartersかどうかを確認していきます。
今の硬貨の流通状態は、だいたい今までの経験で、35%前後がStatehoodQuartersになっていると結論できます。
それでも、全然出会わない州のものがあるんですよね。当たるのは「またお前か!」というぐらい同じ州のものに当たります。
このやり方は、お釣りの中からちまちま探すのよりは効率がいいのですが、一つ難点が。
やたらクォーターが貯まって重たいこと。
画像

中々使い切れず、TheBusに乗るときに1人$2.25だから9枚、3人で27枚だけど、さすがにそれは気が引けます。

もう何年越しでしょうか。かなり集まってきました。
画像

とりあえず、まだ集まっていないのが全部埋まるまでは、続けていきます。
あと、Arkansas、Idaho、Alaskaが1枚もなくて、Michigan、Florida,Oklahomaが1枚しか集まっていません。
コレクションブックには2枚ずつ揃えるようになっているのですが、それは、硬貨の発行所がPHILADELPHIAとDENVERがあり、硬貨の裏面(表面?)つまり各州のデザインじゃない方に小さく「P」または「D」が刻印されています。それぞれを収集するのが正当なんでしょうが、その刻印が小さくて全部「D」に見えるし、まあいいかととりあえずどっちのでもいいから2枚ずつコレクションしています。

今度のハワイで、コンプリートできるでしょうか。


ぷるめりあ通信 ~ハワイ大好き日記~

モーハワイとアロハストリートのブログランキングに参加中です。
ぜひクリックしてください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック